表側矯正装置と舌側矯正装置の違いは何ですか?

    歯を動かすためのブラケットという装置を、歯の表側につけるか舌側につけるかの違いです。

    治療中の見た目(審美性)をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。

    どちらを使っても、治療期間や仕上がりに大きな違いはないでしょう。費用面は、舌側矯正の方が高いことの方が多いです。

    以前は表側矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えた時にはギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正治療中の審美性を求められる方は舌側に装置をつけるしかありませんでした。

    しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では歯の色にそっくりで、変色もしないセラミックブラケットが主流となりました。さらに、ブラケット同士をつなぐワイヤーも、シルバーではなく、白くコーティングされたホワイトワイヤーが登場したことで、さらに見た目に優れた表側矯正が可能になっています。

    しかし、やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は裏側矯正が有効です。以前は、しゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯みがきがしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、ほとんど気にならないレベルになりました。

    治療期間や仕上がりは、表側と裏側の差ではなく治療前のかみ合わせの状態に左右されると考えられますので、見た目と費用のご希望に合わせて表か裏かを選択できます。

PAGE TOP